フランス・マルセイユの検事・ブリーセェ・ロビン氏が2つ目のフライトレコーダーが発見されたことを明らかにした。
ルフトハンザ小会社のジャーマンウィングスの4U9525便墜落の解明にこれでより近づく事ができるのか。

先週の火曜日にボイスレコーダーはすでに発見されていたが、
技術的なデータを含むフライトのデータのレコーダーはこれまで長く探し続けられていた。

Germanwings

Sponsored Link


先週から各メディアでは、副操縦士のアンドレアス・ルビッツの話題で持ち切りだが、
今回の2つ目のフライトレコーダー発見により、今回の事故・事件のより新たな解明へ近づく事はできるのか!?

2つ目のフライトレコーダーが発見されるへの海外反応

これ探すのに結構時間かかったね。

ルビッツに降下飛行の責任が向けられているけど、
今回のレコーダー発見でそれが覆る事はあるのかな?

メディアを見る限り、鬱病を患っていたルビッツが悪者で
その悪者を雇っていたルフトハンザに全責任があるようだけどね。

一体真実は何なのか!?

透明性をはかるならこれまで見つかったデータの情報開示が一番だと思うけどね。

参照:
FAZ