現在多数の難民がバルカン半島のルートあるいは南イタリアを経由してドイツを目指している。
この難民の大量流入にドイツは再びオーストリアとの国境でのコントロールを導入した。
ドイツ内相のトーマス・デメジエール氏はこの目的を大量流入を制限することだと説明している。
さらには、ドイツ政府はオーストリア行き及びオーストリアからの列車の運行をストップしている。

現在ドイツ国内では、先日でのアンゲラ・メルケル首相の難民のドイツへの入国許可措置への不満や批判が高まっている。
現時点でドイツでの難民受け入れのキャパシティが超えているのは自明であり、
今後のドイツ政府及びEUの対応が迫られる。

Refugee_Border

Sponsored Link


今週末にはミュンヘンで約2万人の新たな難民が来ることが予想されている。
8月末からすでにミュンヘンには約63000人の難民がカウントされている。
この数字は2014年に受け入れた難民の数を遥かに上回っている。

ドイツが再びオーストリア国境でコントロールを導入への海外反応

今年のオクトーバーフェストは大変なことになりそうだな。
夜とか酔っぱらいが多いから喧嘩沙汰とか起こりそうね。

ドイツは本当に素晴らしいと思う。自分の国民よりも先に難民を助けようとするとは。

イギリスやフランスは正直ドイツの対応に対して否定的だよな。

10年後確実にドイツは後悔することになるよ。。。

国連がもっと積極的に難民を受け入れるべき。

一番の課題は彼らが受け入れ先の国でどう同和できるかということ。
特に子供だけで来たケースは本当にデリケート。犯罪に走らせないためにもちゃんとした対応が求められるね。

参照:
FAZ
Twitter