数ヶ月に渡ってモロッコの警察はスペイン・セウタにアフリカ難民・移民を入れないよう行ってきたが、
クリスマスの日に長らく起こっていなかった多数の人がセウタ内に侵入する騒動が起こった。
2人のアフリカ人が泳いでスペイン領内に入ろうとした際に亡くなった。
250人以上が領内侵入にいたと見られている。

また、モロッコ警察は他の104名の移民を逮捕した。
12名のアフリカ人はこの侵入の騒ぎの中で重傷の怪我を負った。
移民のグループの一部はモロッコ側から国境のフェンスをよじ上り、
他の一部は泳いでセウタに渡ったと見られている。

Spain_Ceuta

繰り返しアフリカ移民・難民はEUに属するスペイン領域に渡ろうと試みている。
セウタには8万5千人の住民が住んでおり、ジブラルタル海峡に近い地中海沿岸に位置している。

Sponsored Link


多数のアフリカ移民が西セウタに侵入・2名が死亡への海外反応

いきなり大勢のアフリカ人がやってきたら国境警備隊もびっくりするだろうなw

また悲劇が起こったか。ヨーロッパは一体何をやっているんだ!?

おそらく、この侵入しようとした人たちは経済難民なんだろうけど、
失業率も高いヨーロッパに一体何を期待しているのだろうか?差別もまだあるしね。

今年は最初から最後まで「難民」っていう年だったけど、来年も落ち着かなさそうだな。。。

これまで、ドイツ、フランスとかばっかり報道されていたけど、地理的にはスペインもかなりリスクを負う事になるだろうね。

参照:
FAZ
Twitter