イスラム過激派組織であるイスラム国に関係していると推測されるグループが日本人後藤健二さんと湯川遥菜さんの2名を誘拐し、
その2人の殺害を予告し身代金を要求している事件だが、ビデオでの犯行声明からすでに72時間経つ23日午後を越えた。しかし、72経過後、犯行グループからの特に表立った動きなどは見られていないのが現状だ。

Islamic State_イスラム国

Sponsored Link


菅義偉官房長官は72時間経過後の記者会見で厳しい状況ではあるが2人が解放されるように
引き続き関係者に協力を要請して全力で取り組んでいることを伝えた。
日本政府はシリア近隣国や人質解放の実績を持つトルコなどを通じて、
誘拐されている2人の安否確認や交渉期限の延長を求めているとされている。

また、先日犯行グループが公開した殺害予告動画には合成・加工された可能性があると指摘されている。
しかしながら、政府の情報によれば、分析した結果、撮影の日時や場所、2人が一緒にいたかどうかなどの情報を
該当の動画から判断することは難しいと見られている。
このビデオは現状としては安否の有力な手がかりには直接繋がっていないようだ。

参照:
Twitter
毎日新聞