昨年6月にトルコからシリアに入国しその後同行が不明となっていた
フリージャーナリスト安田純平さん(42)とみられる男性の映像が公開された。
シリアの武装勢力ヌスラ戦線に拘束されているとみられている。

昨年6月から消息不明の安田さんの映像公開

安田純平 映像公開
2015年6月トルコを経由して内戦下のシリア北部の反体制派の
支配地区から入国、その後の動向が不明とされていたフリージャ
ーナリストの安田純平さんと名乗る男性の動画が今月17日にネット
上で公開された。

 

こんにちは。私はジュンペイ・ヤスダです。
そして今日は3月16日、私の誕生日です。
彼らに自由に話しても良いと言われ、メッセージを送ることができます。

私は妻、父、母、きょうだいを愛しています。いつもあなたたちのことを考えています。
あなたを抱きしめたい、あなたと話がしたい。しかしもうできない。
私が言えることは、どうか体に気をつけてください。
42年間の私の人生は、おおむね良かったです。特にこの8年間は幸せでした。
私は、私の国に対して言わなくてはならないことがあります。
どこであれ暗い部屋に座り、痛みに苦しんでいても、そこには誰もいない。
答える者も、反応する者もいない。目に見えないし、存在しない。気にかける者もいない。

出典:朝日新聞Digital

この映像はヌスラ戦線と関係があるとされる人物のフェイスブックぺージでも公開されている。
日本政府は、この男性は安田さんであるとほぼ断定、映像の更なる分析を急いでいる。
映像には組織からの具体的な要求が含まれていないことから、政府関係者はこれから身代金の
要求交渉が始められるのではないかと話している。
映像を提供した交渉代理人の男性はインタビューで、安田さんを慈悲深く扱っているが、
アレッポなどにも滞在していたといい周辺の激しい空爆などで精神的に参っていると話す。
今回の目的は金が必要となった組織の資金集めのための身代金要求であると話している。

Sponsored Link



ヌスラ戦線とは

ヌスラ戦線はシリア北部と北西部に支配地域を持つイスラム教スンニ派で、
反体制派武装組織。国際テロ組織のアルカイダ関連があり国連などがテロ組織に指定。
イスラム国は拘束した人質を殺害することが多いが、ヌスラ戦線は、要求した身代金が
手に入ると人質を解放するケースが多いという。

現に2014年2年間この組織に拘束されていたアメリカ人ジャーナリストがカタール政府
の仲介によって解放されている。
ヌスラ戦線はイスラム国と敵対関係にあるため、度々交戦している。
シリア人が指導者であり、住民などに対する残忍さはましだという。
シリア・アサド政権軍の関係者によれば、ISの支配地域からの住民からの不満は多いが、
ヌスラ戦線支配地域からは不満が寄せられることは少ないという。
組織はテロリストとして扱われるため、支援者も資金を得る手段もない事から、
今回安田さんの映像を出し日本政府に身代金を要求する狙いだ。

参考
YAHOO
朝日新聞Digital
TWITTER