デュッセルドルフにある機械商社の西華産業の社員の佐藤淳一さんがドイツ・ジャーマンウィングスの
フランス南部に墜落した旅客機に搭乗していたとみられている。

デュッセルドルフにある西華産業では25日に一部の社員が徹夜で対応に追われていた。
佐藤さんの安否が確認されず部下の社員は沈痛な表情を見せていた。
事故のニュースを受けてから佐藤さんが搭乗していた可能性があることを確認していた。
担当者によれば、営業を止めることはできないので、社員は皆動いていると社内の様子を語っている。

Germanwings

Sponsored Link


現在当機のブラックボックスは回収されパリに運ばれ調査される。
安全高度からの急降下による墜落と見られているが、
実際の原因が何なのか、一刻も早い事の解明が望まれる。

参照:
Twitter
共同通信