2日覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手
清原和博容疑者の自宅から注射器なども見つかっていたことが分かった。
清原容疑者 覚せい剤使用の形跡
2日午後8時48分ごろ、東京都港区東麻布の自宅マンションで覚せい剤
約0・1グラムを所持していた疑いで、警視庁に覚せい剤取締法違反で
現行犯逮捕された。
清原容疑者は「覚せい剤は私のものに間違いにありません」と容疑を認
めている。
更に自宅からは注射器やストロー、パイプ、携帯電話4台などが押収され
ていたことが明らかになった。
警視庁によると、覚せい剤の保管状況などから容疑者が使用した形跡があるそうだ。
清原容疑者の尿鑑定をして、使用したかどうかについても調べることになる。

Sponsored Link


この事件で、野球界には衝撃が広がっている。
高校時代ともに甲子園に出場し、巨人でもともにプレーしていた桑田真澄
さんは「とにかく驚いた、報道の通りなら非常に残念だ」とコメントしている。
球界だけでなく容疑者の地元からも、野球少年から憧れの存在が
覚せい剤に手を出してはいけない、ショックだ、がっかりしたとの声が上がっている。

参考
NHK ニュース
Twitter