オーストリアで行われた大統領選の決選投票で僅差で元緑の党の
アレキサンダー・ヴァン・デア・ベレン氏が僅差でオーストリア自由党の
ノルバート・ホーファー氏を破りオーストリアの次期大統領になることが決まった。

アレキサンダー・ヴァン・デア・ベレン氏

決選投票が行われた昨日の日曜日の段階では、両者が五分五分の勝負となっており、
月曜日での不在者投票での結果が勝者の鍵を握るとされてきた。
最終結果はベレン氏が50.2%でホーファー氏が49.8%の僅差でベレン氏が
大統領選を制した。

ホーファー氏はすでに自身のフェイスブックで、今回の敗北を認めている。
ネット上では、これだけの接戦が繰り広げられたことにオーストリアには民主主義が
生きていると賞賛する声も聞こえる。

昨年からのヨーロッパでの難民危機で、現在の与党が国民からの信頼を失ったことが
極右政党や右派大衆主義と呼ばれているオーストリア自由党への
支持を集めるきっかけとなっていた。今回の選挙でのハイライトは、
ウィーンでは、ホーファー氏は有権者を取り込むことができなかったことと見られている。

Sponsored Link


海外の反応

ドイツのメディアも今回のオーストリア大統領選決選投票結果を速報で伝える。

ホーファー氏惜しくも敗れる