ギリシャのずさんな対応が明らかになるのか、独メディアが報道

ein Sicksal von undegleitete minderjährige Flüchtlinge

 

ギリシャは親の同伴のない未成年を難民を警察の独房に閉じ込めている。
理由は難民のための住居施設不足からだとドイツのメディア「シュピーゲル」
が子供の人権団体と UNHCRの助力者からの証言をもとに報じた。
衝撃ニュースである。
警察署で犯罪や問題を起こしたものが収容される独房を我が家だと思って生活しなけ
ればならない。
これに対し難民保護支援団体国連難民高等弁務官事務所 UNHCRがギリシャを
強く非難している。

シリア内戦などからのがれてギリシャへやってきた難民。
親の同伴のない未成年の難民たちが警察署の独房や収容所に収容されている
という。子供たちの世話人や住むための施設が足りていないことが理由だ。
ギリシャには447件難民の子供のための住居施設があるそうだが(ギリシャ政
府談)すべてがいっぱいになっているとのこと。

Sponsored Link



UNHCRによればギリシャには2000人の子供や未成年が親のいない状態で
滞在しているといが、その数はさらに多いだろうという。
親の同伴がないことから、ギリシャ当局が成人として登録しているという
ずさんな対応があるからだ。

未成年の難民たちの状況はひどく落ち込み危険な状態で、多くが病気になる
だろうという。警察の収容所の状環境があまりにもひどいため多くの子供たちが
路上や公園での生活を選んでいる。ギリシャからヨーロッパまでのバルカンルー
トが閉じられたことで、今なお5万人を超える難民がギリシャで足止めされている。

 

参考
n24