スイスが世界で最も長いとされる鉄道トンネルのゴッタルド鉄道トンネル
(Gotthardtunnel)を開通させた。
各国からはこの世紀の建設に賞賛の声が集まっている。

ゴッタルド鉄道トンネルが開通

ゴッタルド鉄道トンネルはスイスのアルプスを通るトンネルで
全部で約57kmの距離を誇り、世界で最も長い鉄道トンネルとなった。
15年以上の建設を経て、2016年6月1日の待望のトンネル開通となった。
このトンネル建設はスイスのアルプトランジット計画に屬するもので、
アルプス山脈を南北に通る高速鉄道建設プロジェクトである。

世界中から集まる賞賛の声

スイスのメディアは自分たちのトンネル建設への技術が世界中で
評価されていることを伝えた。
ドイツのメディアも速報でゴッタルド鉄道トンネル開通について報じた。

ゴッタルド鉄道トンネル建設にはスイスの建設会社の他にオーストリアや
ドイツの企業が主に関わった。
数千人単位の建設作業員が日々地下でのトンネル作業に従事し、
完成した世紀の建築物だ。

Sponsored Link


各国の反応

ゴッタルド鉄道トンネル開通の瞬間映像

開通式の模様