ボジョレーヌーヴォーを解禁して飲むのはフランスでは60年以上続く伝統だ。
今年もボジョレーヌーヴォーが解禁されフランス人たちもそれを祝っている。
毎年11月の3週目の木曜日に最初の瓶が開けられるのが慣習だ。

フランスのブラッセリーもこう語る。
「これは単純にフランスの伝統なんです。ボジョレーヌーヴォーが解禁されればそれをみんなで机を囲んで楽しみ。そこにアコーディオンの音色が響くのも最高ですね。だからこそ私たちはまだこの文化を続けますよ」

ボジョレーヌーヴォーのぶどうは解禁2ヶ月前に収穫される。
フランス・リオンの北のワインの栽培地域では今年の天気に感謝している。
それ故に今年のボジョレーヌーヴォーはまろやかで酸味が少ないとのことだ。
お店のお客も語る。「第一にかなりフルーティーな味わいで、まろやかなテイストです。単純に飲みやすいし、まさにこれは私たちが探しているものです。この土地特有の最高のワインです。」

ボジョレーヌーヴァーで賑わっているのはフランスだけではないのです。
今年多くのボジョレーヌーヴォーのボトルが出荷されたのは、日本、ドイツ、アメリカです。
今世界中でボジョレーヌーヴォーが賑わっているのです。

ボジョレーヌーヴォー

Sponsored Link


海外の反応

またこの季節がやってきました!

ボジョレーヌーヴォーもおいしいけど、イタリアンワインも最高よ!

フランスのブラッセリーでボジョレーヌーヴォーをムール貝で午前中から召し上がれたらなんて贅沢だろう。。。

パリに行きたくなってきた!

私はビール派ですが何か!?

 

参照:

FAZ