「何故異教徒が私たちと同じ格好をしようとするのだ?」とサラフィー主義の男性は問う。
現在世界的に「黒」とゆったりとしたファッションが流行っているようだ。

現代のサラフィー主義者のための雑誌SLFの記事で、
パリコレでの顔一面髭のジョージ・クルーニーやスターが特集されている。
男性がトルコ風のゆったりしたパンツやオーバーサイズのTシャツなどイスラム教徒のチュニックのようなものを着て、
足にはサンダルあるいは白いスニーカーを履いているのだ。

あるサラフィー主義の人は言う。
「異教徒はいつも私たちのような外見をしたがる。それは潜在的なものなのか、それとも偶然ですか?」とあまり好意的ではない。

Mort

Sponsored Link



George Clooney_ジョージ・クルーニー

イスラム教のドレスコード「黒」が流行への海外反応

ジョージ・クルーニーは髭が似合うから今までイスラムっぽいとか考えた事なかったなw

黒は昔から流行ってるけどね。

ヨージ・ヤマモト、コムデギャルソンは昔から黒だけどね。

川久保玲に是非この流行について聞いてみて欲しい。

たまたま、イスラム国が話題になっているからこういうテーマの結びつきがあるだけじゃ。

別に、誰もイスラム教徒に似たくて、そういう服着ているわけではないと思うけどねw

単純にかっこいからでしょ!

 

参照:

FAZ