ニューヨークのラガーディア空港で大雪のためにデルタ航空の航空機が着陸の際に、
滑り柵に乗り入れる事故が発生した。
これは今週ですでに2回目の騒動となっている。

3月5日木曜日現地時間にニューヨークのラガーディア空港でデルタ機が雪のため滑り、
柵に乗り入れるアクシデントが起こった。
この事故でけが人は出ていないと伝えられている。
このフライトはアトランタからニューヨークへのものであった。

ラガーディア空港

Sponsored Link


事故後搭乗客は事故後に緊急脱出シュートで搭乗機から避難している。
ニューヨーク消防局の発表では航空機から燃料が漏れていたとの報告も上がっている。

ラガーディア空港はニューヨークにある3つの空港のうち最も小さい空港である。
この事故後空港は閉鎖された。
数日前にも別の航空機が激しい降雪のためにスタートを取りやめたことも起こっている。

参照:
FAZ