日本航空のモスクワ発成田行きのボーイング787型機が現地時間6日午後に
離陸後間もなく機体の不具合によりモスクワ・ドモジェドボ空港に引き返し緊急着陸した。
日航関係者によれば、乗客乗員にけが人はでていないとのこと。

モスクワ空港当局によれば同機は現地時間午後5時16分(日本時間午後11時16分)に出発した。
ロシアのインタファクス通信が関係筋の話として伝えた中では滑走路から正常に離陸していたが、
主脚など降着装置が格納できなかったために機長の判断で引き返したと伝えられている。

Boeing 787

Sponsored Link


JALはモスクワ―成田線を月水金日の週4便で運航している。
2012年5月にロシア発着便で初めて米ボーイングの最新鋭である787型機を就航させている。

JAL機モスクワで緊急着陸するへの海外反応

最近航空機関連の話題が多くて旅行する気が起こらないんですけど。

ドイツのジャーマンウィングスの事件以来飛行機に乗る事が想像できない。。。

JALがモスクワ – 成田便出してたとは知らなかった。

このニュース聞いた時最初てっきりアエロフロートかと思ったけどJALだったのか。

飛行機のメンテナンス、乗務員の心のメンテナンスは是非とも怠らないで欲しい。

参照:
Twitter
時事通信