アルパカと少年の出会い

子供のころペットがほしくてよく親にお願いしたもの。
犬や猫、ウサギやハムスター

オーストラリアに住む14歳のマット君もぺットがほしくて親におねだり、
2015年のクリスマスにその夢がかないました。

Alpaka als Haustier
マット少年が両親におねだりしたのはアルパカ。

 

一緒にアルパカの飼育所へ行き、2歳の一番小さいアルパカを選びました。
Chewy(チューウィ)と名付けられたマット君の新しい家族はすぐに近所でも
彼のインスタ上でも大人気に。

Ein von Chewpaca (@chew_paca) gepostetes Foto am

 

山の上で生活しているイメージの強いアルパカですが、Chewyはビーチの
砂で遊んだり波に向かって走るのが好きなようです。

Alpaka als Haustier 2

 

Sponsored Link


 

癒しの容姿に穏やかな性格のアルパカ

アルパカは穏やかな性格でマット少年の家族も、「犬よりも世話が楽だ、
でもあまり忠実ではないよ」と話しています。
Chewyは誰かにイライラさせられると、その人に向かって唾を吐く。
それがめちゃくちゃ臭いんだとのこと。さすがラクダ科です。

 

Alpaka als Haustier 5

 

南米では主に毛などをはじめ経済的利用していますが、普段から穏
やかな性格であることからセラピーの際にも活躍するそうです。

最近はアメリカでアルパカをペットして飼っていることも多いんだとか。
アルパカ飼育所の職員は、広い遊び場があって草を食べる場所があれば
問題はないそうです。

アルパカは20年以上生きるそうで、マット君とChewyは長い付き合いになりそうです。

Ein von Chewpaca (@chew_paca) gepostetes Foto am

参考
Instagram
Focus