東インドのシリグリの街中で数時間に及び野生のメスのゾウが暴走し、およそ100棟
の建物が損害を受けた。
elefant zerstört häuser in india
多くの住民が逃げまどい、駐車してあった車やバイクは巨大な足で踏みつぶされ、建物
100棟が被害を受けた。街中にあるいくつかの小屋はあっという間に壊されてしまった。
この像は数時間にわたって街を歩き回いた。
鎮静剤でおとなしくなったところ重機を使ってトラックに積まれ像の飼育をしている
公園に運ばれた。人には襲い掛からず、幸いにもけが人は出なかったという。

Sponsored Link


群れから離れ1人だった像は、住んでいるBaikunthapurの森からエサを探していた
ところ道路ををわたり小さい川を越えて街へやってきてしまったという。
東インドでは野生のヒョウや像が街におりてくる例が相次いでいるしている。
専門家によると森林伐採などにより野生動物の住処がだんだん減っていること
が原因だという。

参考
Spiegel
Twitter

【次々に建物を破壊】インドの街中で野生の象が大暴れ【映像あり】への各国反応

日本で麻布にサル出現のニュースと比べたら危険度が全然違う

そもそも野生動物の住む森を切り開いちゃうからこんなことに。

昔、像が踏んでも壊れない筆箱ってあったよね

像って普段動物園で見るおとなしいイメージしかなかったからびっくり。もちろん悪気はなかったんだろうけど