以前からペットとして人気を博している鮮やかな黄色い目を持つことからその名が付いたとされる淡水性のカニ「バンパイアクラブ」。

このほど東南アジアで実施された調査によって、特に需要の大きい2種が新種であることが判明、学名Geosesarma dennerleとGeosesarma hagenと名付けられた。

尚、これらのカニは、インドネシア・ジャワ島のそれぞれ別の渓谷から発見された。

ドイツのアクアリスト(水槽での生物飼育の専門家)であるクリスツィアン・ルカウプ氏は「今回のカニはある意味特殊なケースです。10年も前からペット市場に出回っていましたが、どこから来た種なのかがわかっていなかったのです」と語った。

Geosesarma dennerle

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・まだ僕らが知らないカニは沢山いるはず。

・これ友達が飼っている。面白い色しているよね。

・食欲が沸かないカニだ。

・突然変異でこうなったのかな。

・神秘的なカニだよね。見ていて飽きない。

・このカニ飼ってみたい!

 

参照:

Facebook