「牙を持つカエル」(学名:Limnonectes larvaepartus)の新しい発見

インドネシアの熱帯雨林の奥地で、卵ではなくオタマジャクシを産む新種のカエルを世界で初めて確認したとの研究論文が、12月31日に米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」で発表された。

アジアに生息する「牙を持つカエル」に分類されるこのカエルは、インドネシア出身の科学者ジョコ・イスカンダル(Djoko Iskandar)氏によって10年前に初めて発見された種類。

科学者らは長年この特異なカエルがオタマジャクシを産んでいる可能性が高いと考えてきたが、交接や出産の様子が直接観察されたことはこれまでなかった。

しかし、米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)などの研究チームは最近、このカエルの繁殖行動に関する新たな証拠を発見。

Limnonectes larvaepartus

同大の爬虫類学者、ジム・マクガイア(Jim McGuire)氏はある夜、インドネシア北部スラウェシ島(Sulawesi Island)の熱帯雨林を探索中に、雄とみられる1匹のカエルをつかまえたが、このカエルは実際には雌で、生まれたばかりのオタマジャクシを十数匹連れ ていることが分かった。

マクガイア氏は「世界中に生息する6000種以上のカエルのほぼ全ては、抱接(ほうせつ、カエルの交接時の抱擁) で雄が雌に抱きつき、雌から卵が放出されている最中に雄が精子を放出する体外受精を行っている」と説明する。「この新種のカエルは、体内受精を進化させた 10種か12種しかいないカエルの仲間で、その中でも、子ガエルや受精卵ではなく、オタマジャクシを産む唯一の種だ」

子孫を生み出すことに関しては、カエルの世界にはこの他にも特異な行動様式が数多く存在する。アフリカに生息し、体内受精を行う一部の種のカエルは、オタマジャクシの段階を経ない子ガエルを産むことが知られている。

カ リフォルニア大バークレー校の声明によると、他にも「卵を背中にある袋に入れて運ぶものや、オタマジャクシを鳴嚢(めいのう、鳴き袋)や口の中で育てるも の、背中のくぼみにオタマジャクシを入れて運ぶもの」などがいる。また、すでに絶滅したものの、雌が自らの受精卵をのみ込み、胃の中で育てて口から子ガエ ルを産むことで知られていたカエルも2種存在したという。

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・これはすごい発見だね。今までの概念が吹っ飛ぶ。

・世界にはまだ知らないことが沢山。

・カエルといえば池に卵を生むというイメージだけどそれだけではなくなるのか。

・なかなかチャンスに巡り会えない研究だよね。よく証拠を発見したと思う。

・これでだけに限ったことではなくまだまだ僕らが知らない事が沢山があるよね。

・色々な特徴を持った動物がいるんだと痛感。常識なんて通用しないね。

 

参照:

Facebook