1兆円以上の象牙が燃える驚きの映像

Kenia verbtrannt Elefantenstoßzähne

 

30日ケニアは首都ナイロビの自然公園で105トンの象牙を燃やし、
アフリカゾウの密猟と象牙の密輸を訴えた

2メートル以上に積み上げられた象牙の塔10数個、105トンの象牙と
サイの角1,5トンに火がつけられた。これほど多くの象牙が一度に処分
されるのは初めてであるという。
この背景にはケニア政府が、象牙の取引に抗議するもので、ゾウの保護
を訴えるものである。
象牙は主にアジアで売られ、年に2万から3万5千頭のゾウが装飾品や置物
にされる象牙を目的とした密猟者の餌食になっているという。

Sponsored Link



以前にも象牙を焼いて、抗議活動をしてきたが規模は少なく、今回焼却され
た象牙はおよそ10億ドル(1兆600万円)に相当し、世界中の約5パーセント
の量に当たるという。
1980年からワシントン条約で象牙の取引は禁止されているが、密猟や密輸が
増え、今後アフリカゾウが絶滅の危機にさらされている。
ケニア政府は今年9月から南アフリカで開かれるワシントン条約の締約国会議
に象牙の全取引を交渉するよう訴える考えを示した。

 

105トンおよそ1兆600万円相当の象牙が燃える 

約1年前の映像、当時は15トンの象牙が燃やされた

 

参考
youtube

Frankfurter Allgemaine