日曜日に中国・上海で行われたF1レースの世界王者となったイギリス人ルイス・ハミルトンだが、
優勝の受賞後に横にいた中国人のホステスにシャンパンをかけたことが物議をかもしている。

22歳の中国人ホステス・リュー・シインさん(Liu Siying)は上海で行われたF1レース後の授賞式で、
ルイス・ハミルトンにシャンパンをかけられた。リューさんは、中国新聞のShanghai Dailyに、
「それは1秒か2秒の出来事でした」と話す。
その後ソーシャルメディア上では、ハミルトンの行為に非難が集まった。

ルイス・ハミルトン

Sponsored Link


しかし、肝心のハミルトンは特に気にしていないようだ。
「僕の行動は熱狂から来たんだ。ちょうどグランドプリックスで優勝して嬉しかったんだ。
それは楽しかったよ。誰も侮辱するつもりはなかった」とハミルトンは今週末にバーレーンで開かれるグランドプリックスを前にして語る。

イギリスのDaily Mailはそれは優勝時の飲み物をスタッフだけではなく、
女性にもかけるのはハミルトンのシンボルであると伝えている。

L・ハミルトンが中国人ホステスにシャンパンをかけ話題への海外反応

ハミルトンはよっぽど優勝して興奮していただろうな。

レーサーの試合後のテンションはものすごいことになっているよ。
ホステスとしてここに立つなら、それを恥じらいと思うべきではないよ。
むしろ、名誉でしょ!

女性の立場で考えると、確かにうざいかもねw

要は、メディアのこの出来事への切り取り方が問題だよね。

ハミルトンにはバーレーンでも優勝して、そこのホステスに是非かましてもらいたいね!

参照:
Spiegel Online
Twitter