マツダがC,Dセグメントの次世代プラットフォームをFR化とする検討中、との発表がありました。
FR車は、エンジンを前方に積んだ後輪駆動車ですが、エンジンを前方に積むと、すぐ近くの前輪を動かすFF方式の方が、駆動力を後輪に伝達する為の部品をカット出来て、コスト、重量、スペース面でメリットが高い為に、現代ではあまりメジャーな駆動方式ではありません。今では、FRは、トヨタ“86”やマツダ“ロードスター”の様なスポーツタイプの車か、トヨタ“クラウン”、日産“フーガ”の様な高級車で採用されているくらいです。

FR車のメリットは、スポーツタイプの車が採用していることからも解る様に、走行性能の高さです。前後輪がそれぞれ操舵と駆動の仕事に振り分けられる為にタイヤ性能に余裕が生じますし、加速にも優れ、また、前輪を深くきることができるので小回りがきく車を設計できます。

Mazda_FR

Sponsored Link


マツダは既にFR化に伴う見積書を出していて、その回答からコスト計算をして最終判断を下すそうです。個人的には、是非ともマツダにFR車を作って欲しいと強く思っています。なぜならば、FR方式のある特徴を考えると、マツダでなければFR方式の大量導入は不可能だからです。ある特徴とは、減速時には主に前輪に負荷がかかる為に、FR車では改正ブレーキによる発電効率が落ちる、つまりHVによる燃費向上に支障が出てしまうのです。

マツダはHVとは異なる、スカイアクティブテクノロジーという独自の燃費改善技術を持っていますので、車のFR化はマツダだからこそ可能だと考えられます。全国の車好き、運転好きのユーザーも、マツダの勇断を心待ちにしているのではないでしょうか。