トヨタ自動車が6日、2020年頃に高速道路での合流や追い越しが可能な自動運転車を販売すると発表しました。
ここ数年、世界的に自動車メーカーやIT企業が車の自動運転化に向けて、莫大な投資をして開発を進めています。

Toyota

特に日本では、政府が五輪開催を横目に、官民一体で育成を進める方針を打ち出していますので(助成金や免税などが期待できます)、
2020年が一つの大きなマイルストーンになっています。
日産自動車IT&TTS開発部の二見氏が、自動運転はロボットに例えるとガンダム型とアトム型とに分けられる、という面白い事を言っていました。
アトム型とはつまり完全自動運転(ナイトライダーですね。若い方は知らないかもしれませんが)のことです。

Gandam

Sponsored Link


あくまで人間が運転する自動車のパフォーマンスを高める目的の、ガンダム型の自動運転は、運転の楽しみを減らすことはない、という趣旨の記事でした。
今回トヨタが発表した自動運転車は、ガンダムから一歩アトムに近づいた車と言えるでしょう。

未だにマニュアル車を操っている運転大好きの人にとってはあまり完全自動運転車には魅力を感じないかもしれません。
ただ、今回トヨタが宣言した様に、「高齢者やハンディキャップのある人にも移動の自由を実現する」、と聞けば、
自動運転車の必要性について異議を唱えるものでもありません。
ただ、その様な目的を掲げるのであれば、様々な悪条件の中でも安定して作動するシステムを提供する必要があるでしょう。

ここまで低レベルな問題は簡単に対策されるでしょうが、例えば筆者の自動車は、時々雨粒がレンズ部分に付着してカメラ画像がほとんど見えない!という事があります。
悪天候その他の原因で自動運転機能に何かしらの支障が起きれば、当然フェーラーモードに入り、自力での運転が困難な人は、そのまま高速道路上に取り残されてしまいます。
2020年まで残り5年。安全性は当然として、乗り心地やシステムの安定度など、トヨタ自動車がどこまで完成度の高い車を世に送り出すのか、
期待しながら待つことにしたいと思います。