国際自動車連盟(FIA)は2015年7月17-19日に今季第10戦として予定していたドイツGPを中止すると発表。

中止の理由としては、ドイツGPはホッケンハイムとニュルブルクリンクが隔年開催しており、今年はニュルブルクリンクの番だったが、新経営陣が高額な開催権料を不服として開催を拒否したため。

仮にのホッケンハイムが代替開催するとなると、同サーキットが2014年から3年連続で開催することになるが、昨年は決勝日ですら5万2000人しか集客できずに赤字となったため、相当の補助金を得られなければ代替開催する意思はないとしていた。

その他の19戦は従来どおりの日程で実施。

ドイツGPが開催されないのは2007年以来8年ぶりで、ドイツでF1GPが行われないのは1960年以来となる。

nuerburgring

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・F1はお金かかるからね。

・なんだ、ニュルブルク楽しみにしていたのになぁ。

・シューマッハが活躍していた時代ではないからね。

・世界的にもF1は下火かな。

・非現実的な車には興味がない。

・もっと多くの人に興味を持たせる策略が必要。

 

参照:

Facebook