ロイター通信は、アメリカ・テキサス州で車を運転していた
17歳の女子高生が、タカタ製のエアバッグが破裂して、
亡くなる事故が起こっていたことを伝えた。

米女子高生がタカタ製エアバッグで死亡

この女子高生が車を運転していた時に、エアバッグが破裂し、
その破片などが女子高生の首などを切り、その後現場で
死亡が確認されたようだ。

タカタエアバッグ問題

アメリカで多発するタカタ製エアバッグによる死亡事故

アメリカでタカタ製エアバッグによる事故で、亡くなった人は
これまでに10人が確認されている。
また、このうち9人がホンダのタカタ製エアバッグを搭載した
車両に乗っていたとされる。

Sponsored Link


2002年発売のシビックがそのリコール対象となっており、
これまでに所有者にリコールの通知が数回されていた。
しかし、修理は行われていなかったとされる。
米道路交通安全局(NHTSA)によれば、今後は、タカタ製エアバッグ
を搭載した自動車を持つ全メーカーに所有者への働きかけの
強化を求めると発表している。

参照:
Reuters
Twitter