ポルシェの新型ボクスター・スパイダーが話題になっている。
ドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングはこの新作ロードスターについて記事を書いている。

ポルシェは走行を妨げるものを省いた。
音楽やナビゲーション、エアコンは別途注文必要があるとのこと。
しかし、音楽は何故?という質問に対しては、モーターが十分音楽の役割を果たしているからとのこと。
このような車ではそのやり方がそのゴールなのだ。
実際の温度が意味をなさなくなるほどハートが数秒後には熱くなるのだ。

Spyder_Boxster_Porsche

Sponsored Link


さらにポルシェは更なる伝統を追っている。
再び多くのお金のためにより少ない車を販売する。
スパイダーはそんなに多くの備え付けないがないにも関わらず、
約79.945ユーロ(日本円:約1100万円)する。約9000ユーロGTSよりも高い。
つまり、新作スパイダーはこれまでの最も強いものだけではなく、
最も高いモデルとなっている。

ポルシェ新型ボクスター・スパイダー登場への海外反応

青のスパイダーもかっこいいな!

これのブラックエディションもあるんだね!

今から今年のフランクフルトのモーターショーが楽しみだわ。地元ゆえに、期待がかかるよね!

俺が住んでいる街じゃポルシェはなかなか見ないけど、前にジュネーブに行ったときによく見た。
あれは見たら誰でも欲しくなるよねw

スパイダー本当にイケている!

#Porsche #boxter black edition

Ein von VIBRA (@vibrabtl) gepostetes Foto am

参照:
FAZ
Twitter
Screenshot from xequae