来年公開予定の007シリーズ24作目となる『SPECTRE』の発表会で、ボンドカーとしてサプライズ的にアストンマーティンのDB10が発表。

このDB10はジェームス・ボンドとアストンマーティンの関係が50周年となることを記念して『SPECTRE』専用として作られたものでアストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマン氏が率いるデザイン・チームは、世界でもっとも有名な諜報員がドライブする究極のクルマを生み出すため、本映画で監督を務めるサム・メンデスと密接に作業を行なったと言われている。

プレスリリース情報

•007シリーズの新作用に製作されたアストンマーティンDB10
•50年に渡って映画史に名を残すイオン・プロダクションとのパートナーシップ
•アストンマーティンによるビスポーク・スポーツカーの卓越した能力を示す

新たなボンド・カーの製作台数は10台に厳しく制限され、アストンマーティンのゲイドン本社のデザイナー、エンジニア、そして高いスキルを備えた職人の手によって、開発・製作。

スペック&発売時期

アストンマーチンの新型車は新規にアルミニウムでプラットフォームを作った上にAMG製のV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し限定10台で2016年に発売の見込み。

尚、映画のSpectreは、2015年11月6日に一般公開予定。

AstonMartin_db10

Sponsored Link


海外の反応・評価

・美しすぎる。

・最高にかっこいい、007ファンだけにこれは欲しい。

・自分は買うつもりでいるよ!

・限定10台か。。。それにしても値段が気になるな。

・買いたいよ。どこでオーダーできる?

・アストンマーチンのデザインでよかった。渋い1台。

・アストンマーチンの車を買うのが夢です。

・デザイン最高。

・50週年モデルだからプレミア付きそうだね。

・僕はもう少しコンパクトの方がいいと思う。

・映画も車も楽しみだ!

 

参照:

Facebook/Instagram