生産終了宣言!?ランサーエボリューション X 最終型の評価はいかに?

幕張メッセで2015年1月9~11日の期間に開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC」に、三菱自動車が「ランサーエボリューション X」の最終進化型ストリートモデルを含む計5台を出品すると発表。

スペック詳細

「ランサーエボリューション X」の最終進化型ストリートモデルとされた「ランサーエボリューション X Final Concept」は、5速MTを搭載した「GSR」がベース。

ボディはマットブラック、ルーフやリヤスポイラーは光沢のあるグロスブラック、フロントグリルのフレームはダーククロームメッキとした。性能面では、HKS製のスポーツタービン、吸排気系パーツ、燃料系パーツ、冷却系パーツ、ECUを採用し、最高出力は480馬力。

尚、今回出品されるのは、
高性能4WDセダン「ランサーエボリューション X」
SUVタイプのプラグインハイブリッド車「アウトランダー PHEV」
SUVテイストのミニバン「デリカ D:5」
軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」のカスタムカー4台と
「アウトランダー PHEV」アジアクロスカントリーラリー参戦車の計5台。

LANCER Evolution X

Sponsored Link


海外の反応・ファンの反応

・おいおい、Final Conceptてことは本当にこれを最後に生産終了てこと?

・エボ狂の俺の断りなしに生産終了は許さないぞ!

・最終進化系思いあげていたエボだしいいと思うけどそれよりも今後もちゃんと生産するのか気になる。

・確か社長がラリーカー嫌いなんだよね。

・ランエボファンのマーケットてデカイと思うんだけどな。そんなに簡単に切り捨てするかな。

・WRXとのライバル関係がなくなってしまう。。。

・STIの煽りができなくなるのは確かにつまらないね。

・ま、とっくにラリー撤退しているし三菱も売りたい車は今は違うんでしょ。ニッチなマーケットだよ。

・これが本当の最終モデルだったら失望するよ。

 

参照:

Facebook/Forum