自動運転機能が搭載されるのは高級セダンの新型『A8』、2017年の発売、市販化を計画。

2015年1月にアメリカで900kmの自動運転走行を実施したアウディが、自動運転車を2017年に市販化すると発表。

10日に開催されたアウディ年次報告会の中で、技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏が明らかに。

現在、アウディは『A7スポーツバック』をベースとした自動運転車のプロトタイプを開発しており、1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES」の会場へ、シリコンバレーから約900kmの道のりを自動運転のみで走行を披露。

公道での長距離無人走行は世界初。

また2014年10月には、スポーツモデル『RS7スポーツバック』の自動運転車で240km/hの高速での無人サーキット周回を成功させた。尚、ロット・ドライビング)」と銘打って市販化されるのは、アウディが世界初となる。

新型A8に搭載される機能は、交通渋滞時の自動運転走行機能と、自動駐車機能。自動運転時の対応速度などについては、法律や制度などを鑑み調整されていくもよう。

ハッケンベルク氏は「新型A8の登場により、パラダイムシフトを迎えるだろう」と説明している。

audi_a8

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・いずれ自動運転が当たり前になっていくだろうけど問題は多いだろうね。

・人間はただ乗っているだけ、未来の世界だ。

・交通と事故をどこまで防げるかが課題だね。

・普及は法律次第だね。

・運転という概念が変わるかもね。

・運転が大好きな人にとってはいらない機能。

・絶対に事故らない車を作って欲しいね。

 

参照:

Facebook