今から20年前の1月17日午前5時46分52秒にマグニチュード7.3の地震が起こった。
この地震で亡くなった犠牲者を追悼するために神戸市中央区の東遊園地で市などが開催した
1・17のつどいでは、地震発生時刻の午前5時46分に黙とうが行われた。
また、式典には天皇・皇后両陛下も、10年ぶりに参列された。

1.17

Sponsored Link


阪神・淡路大震災では約6400の尊い命が失われた。
今日2015年1月17日で震災から20年を迎えた。
その当時生まれた子どもたちは今年新成人となり、
廃虚のようになった街には住宅や高層ビルが整然と立ち並んでいる。
震災の傷痕は今ではほとんど見ないが、17日に各地で行われた追悼行事にはここ数年の参加者数を大幅に上回る人が集まった。

また、阪神・淡路大震災は2011年3月11 日の東日本大震災が起こるまでは戦後最悪の地震であった。
東日本大震災では約18500人の人が亡くなっている。今年の3月11日で震災から4年が経つことになる。

参照:
FAZ
読売新聞