JR東日本の電車の中で面白い吊り航行を見つけてしまいました。“これらは全て暴力です!!”といった注意喚起といっしょに、
ネクタイをつかむ(ネクタイをひっぱられている駅員さんの絵)、ビールをかける(頭にネクタイを巻いて座っている人に
液体をかけられている駅員さんの絵)、頭突きをする(頭突きをされている駅員さんの絵)と描かれているもので、
失礼ながら少し面白く思ってしまったのですが(頭突きって!)、もしもよくある迷惑行為をピックアップしたのだとしたら、
駅員や車掌といった仕事はとてもストレスがたまりそうな職業だと思ってしまいました。
そして、列車や地下鉄はしばしばテロのターゲットにもなりますので、ストレスどころか、
場合によっては命がけになる事態もないとはいえないお仕事でもあります。

JR

Sponsored Link


地下鉄と言えば、ロンドンで起きた殺傷事件が、意外な現象に結び付いて話題になっています。
取り押さえられた犯人に通行人が「You ain’t no Muslim, bruv(お前はイスラム教徒じゃない)」と
叫んだ映像が広まったことから、この、わば侮辱の言葉が、テロ行為に抗議する合言葉の様な意味をもってまたたく間に広がり、
ツイッターはこの言葉への賞賛の声があふれて、また、このセリフをもとにしたハッシュタグは、
イギリスでのトレンドトップにかけあがりました。一般の人々の思いは同じであることを象徴する様な、
少し心強さを感じられる出来事でした。

アメリカでは、オバマ大統領がホワイトハウスの執務室から国民向けに演説を行い、
テロに対する戦いに向けての団結を呼び掛けました。それまでの大統領の非積極的なテロ対策への巻き直し、
との影口もきこえます。イギリス人が示した様に、テロに対する多くの人々の思いはほぼ1つだと思いますが、
日本よりもイスラム教徒の国民数が多い欧米諸国の対応はより難しいのではないかと思います。
宗教的差別や不公平な扱いは不満を産んで、次のテロの小さな芽になりかねません。
今のところ、ありがたいことに日本はまだまだ平和です。駅員さんも、もし乗客から頭突きを受けてしまった時は、
そう前向きに考えて我慢して頂きたいと思います。