日本は先進国の中でもアメリカと同様に死刑制度を採用している国の一つだ。
先日の被告1名に対する死刑執行から再びヨーロッパ各国や人権団体から批判が集まっている。

2007年に日本の名古屋で共犯2名と女性を誘拐、強盗、殺害した男に先日死刑が執行された。
この件を海外メディアも取り上げている。
ドイツのメディア・シュピーゲルは日本の死刑制度について報じている。

日本では、死刑が宣告された被告たちは最後まで独房に入れられ、
死刑執行の日にちは知らされない。死刑執行の数分前に自分がこれから死ぬことを伝えられるのだ。
その執行の日には家族との別れをすることもできない。家族はその執行について後に知ることになる。

Todesstrafe

Sponsored Link


現在日本では129名の死刑宣告をされた被告たちが独房に入っている。
日本政府は日本国民の大多数が死刑制度に賛成している世論調査を引き合いに出している。
死刑執行場は、東京、大阪、広島、名古屋、札幌、福岡、仙台の7ヶ所にある。

日本の死刑制度に海外から批判が高まるへの海外反応

これは難しい問題だよね。ノルウェーのブレイビクの件を聞くと、死刑制度の正当性もよく理解できる。

冤罪があるから死刑制度を反対している人が多いんだよね。

執行される数分前に知らされるのは酷だな。せめて家族に別れを告げるくらいの時間を持つ権利はあるでしょう。

映画グリーンマイルを思い出した。

中東諸国でも死刑制度はまだあって、同性愛者への扱いなどかなり原始的なものがまだ存在しているよね。

参照:
Spiegel
Twitter