私たちは誰も非難しませんと教皇の生命の学術協会の指導者イグナチィオ・カラスコ・デ・パウラ氏はイタリアのメディアAnsaに話す。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fe/St._Peter%27s_Basilica_Facade,_Rome,_June_2004.jpg

このアメリカ人女性は威厳に満ちて死ぬことを行い、受け入れた。しかし、これは間違いです。
命を自ら絶つということは良いことではなく、悪いことです。
それは自分の人生を否定することだからですとそのイタリアメディアはカラスコ・デ・パウラ氏の話を伝える。

Sponsored Link


悪性の脳腫瘍に苦しんでいるメイナードさんに医者は4月に余命6ヶ月を言い渡した。

最後の時間を彼女は安楽死の助けのために尽力した。
彼女のメッセージビデオはインターネットで多くのクリックを受けた。

参照:
イタリア・stol.it
wikipedia