自称ピックアップ・アーティストのブランク氏だが、
彼の言動が今世界中で物議をかもしている。
約44.000人の署名活動及び開催予定地だったホテル前でのデモによって、
オーストラリア・メルボルンで開かれようとしていた彼のセミナー(ブートキャンプ)はキャンセルされた。

Achtung! Rape-Promoter Julien Blanc on Tour: 14.-16.11 Berlin, 11.-13.12 München, Mai in HH #takedownjulienblanc http://t.co/mbO11GEXIZ

— Stefanie Lohaus (@slow_haus) 2014, 11月 10

Sponsored Link


ドイツ・ミュンヘンでもブートキャンプが開かれようとしている。
それに対して、ドイツの緑の党のディートリッヒ氏は立ち上がった。
「発言の自由の権利は尊重されるべきです。しかし、ブランク氏の場合は、その範囲を超えました。
つまり、女性の尊厳を侵害し、犯罪行為になるような行為を行っています。
よって、ミュンヘン氏はこのセミナーに対して断固とした処置をとらねばいけないのです。」

ディートリッヒ氏と彼女の支援者は、そのブートキャンプが開かれようとしているホテルにキャンセルの申し立てをしている。

また、ミュンヘン市長のライター氏は他の地方自治体と協力してこの問題に対応するよう求められている。
ライター氏はさらに、ドイツ政府へブランク氏のドイツへの入国禁止を働きかけるようだ。

 

参照:

abendzeitung münchen