ドイツ・アルテンブルクの銀行(Skatbank)が預金額に応じての利息ではなく利子をつける「マイナス利子」制度の導入を決めた。
このドイツのテューリゲン州にある小さな知られてない銀行が先週顧客にこのお知らせで驚かせる経緯は一体何なのか!?

ドイツの有力紙フランクフルター・アルゲマイネは以下の見出しでこのテーマに触れている。
「預金する人は払わなければいけない!銀行がマイナス預金へのマイナス利子を要求。一体どれだけ馬鹿げているのか!?」

10月末の「世界預金の日」で祝っていた週での出来事だ。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Euro_coins_and_banknotes.jpg

Sponsored Link


海外反応は以下:

-これは経済的に損益を避けるために金庫を買うきっかけにさせるね!

-このテューリンゲンの銀行は支払い能力のある顧客を失うに違いない。。。

– 政治はダメだ!今こそEUの残るかどうかの国民投票が必要だよ!メルケルとショイブレ(金融大臣)はドイツは彼らの全て動かせるという道と共に壁に向かわせている。
国民投票後は改選が必要だな!

-簡単なことだよ!お金は全て金庫へ!

-口座からお金を引き出してバイバイ!
銀行マンの欲は今日までこの金融危機を引き起こしている。
顧客がこの厚かましい言動と馬鹿げたことに賛同できないのは当たり前!
多数が彼らの資産を口座から抜くなら銀行マンは驚いてはいけない。
それで彼らはキャッシュの不足、顧客損失、売り上げ損失の問題を持つことになる。
理性的な解決策はいつもあるんだよ!

参照:

ドイツ・フランクフルター・アルゲマイネ