ドイツで過去数年の間で空き巣被害の数がまた増加していると報告されている。
2013年の時点で、約149.500件の被害が警察によって報告されていた。

過去20年間の統計で見てみると、
1993年時には227.090件と多く、その後2006年には106.107件まで下降した。
しかし、その後再び増加を続けている。
その中でも南ドイツのバイエルン州にがドイツ国内で最も空き巣被害に遭っていると報告されている。
トーマス・デメジエール内相は土曜日にこの増える空き巣被害を背景に、
家の窓やドアをよくする場合の費用を税金から控除させられようにしたいと話した。

ドイツ犯罪局によれば、東ヨーロッパまたは南東ヨーロッパやトルコからの窃盗団が大きく関与していると話す。
おそらく、経済の状況と関連して、空き巣被害の数の増加や縮小が関係していると見られている。

空き巣

Sponsored Link


ドイツでまた増加する深刻な空き巣被害・東欧窃盗団関与かへの海外反応

正直言えば、色々な人が入って来ている状況下で、ない方がおかしいよ。

話によれば、セルビアとかコソボ辺りからの窃盗団も多いとか聞くな。

東ヨーロッパの人間がドイツで人身売買を行っているという話もドイツのメディアで報道されていたよ。

ユーロを作ったことで、良い事だけではなく、悪い事もいっぱいついてきた形になったね。

最近都市でもスリ被害に対する注意の広告がやたら増えた気がする。

AppleとかベルリンのKaDeWe襲った強盗も確かアラブ系だったか東欧系だったよな。

参照:
FAZ
Focus