2012年にインドのデリーで強姦事件を起こした容疑者(当時未成年)が矯正施設から釈放されていたことを
被告の弁護士はBBCに伝えたとメディアは報じた。

被害者の両親の抗議、合法的な意義はその容疑者の釈放を食い止めることはできなかった。
容疑者は当時未成年だったために名前は公表されていない。
2013年8月に矯正施設での3年の刑が言い渡されていた。

Delhi

Sponsored Link


当時の強姦事件(集団強姦)及びその被害者の死は世界中に怒りを引き起こさせた。
被疑者はすでに成人にも関わらず、インドの法廷は青年と扱い、最高刑を許した。
容疑者の安全への危険性から容疑者はすでに事前施設に引き渡されている。

このインド法廷の決定は再び世界中に怒りを引き起こすことになるかもしれない。

インド強姦犯が釈放・遺族・抗議者の努力むなしくもへの海外反応

その判決は納得できない。それだけ悪いことをした人間をかばう国は理解できない。

インドでの強姦事件を聞くたびに、イギリスでのパキスタンギャングの似た犯行を考えてしまう。
何かこれは文化性のものから来るものなのだろうか。

インドは旅行したくない国の一つだな。やはり、男女問わず安全に旅できることが大事。

被害者の方、遺族の方には今回の件本当に残念に思います。

男女の差や格差が大きい国でこういうおぞましい事件がよく起こっている気がするのは私だけ?

参照:
BBC
Twitter