アイルランドの航空機の中でコーヒーカップに「エボラ熱注意」と書いたイタリア人男性が着陸後逮捕され、航空機も一時的に隔離されるといった事態が起こった。

Die Flugbegleiter von Aer Lingus fanden den Kaffeebecher mit der Ebola-Aufschrift im Müll. (Archivbild: Reuters)

このニュースは海外でも報道されており、そのイタリア人男性は、ホームレスの施設へ2.500 Euroの寄付の罰金刑をアイルランドの裁判所から課されたとのこと。

その情報学者の男性はダブリンの空港で妻と子供とミラノからダブリンへ向かっていた。フライト中にコーヒーカップのふたに「エボラ熱と注意」と書いた。その後客室乗務員がそれをゴミ箱で発見し、不安を覚え地上勤務員へ通報した。着陸後すぐにその家族は連行され、航空機は緊急隔離される事態になった。

Sponsored Link


裁判官は、この事態を全く愉快ではないと感じ、この時代に飛行機の中で「爆弾注意」と書いた紙を各のようなものだと、その趣味の悪いジョークを行ったイタリア人へ罰金刑を下した。

https://c1.staticflickr.com/3/2634/4096377578_0b6de29d20.jpg

以下この件に関する反応:

-アイリッシュ・タイムスによれば、そのイタリア人が前科を免れるために2.500 Euroの寄付を申し出たようだよ。

-その裁判官は一体どの世界に生きているのかね?

-もし私がそれについて考えるなら、次回フルーツヨーグルトを飛行機へ持っていくよ。それで、それをエチケット袋に吐いて、その後それを食べきるかもな。ユーモアなしでは、世界は滅びるよ。

-誇大妄想か全うな不安感か?

-一体どんな馬鹿げた判決なの!?それは単純にセキュリティの狂信者たちと共に私たちの不安とパニック社会がどのように馬鹿げているか見せられただけだよ。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e6/Ebola_virus_virion.jpg

参照:

スイス・Basler Zeitung
オーストリア・der Standard.at
wikipedia