今年2月21日にキング牧師と並ぶ米黒人解放運動の指導者マルコムX氏がニューヨークで暗殺されてから50年が経つ。
これにあわせて暗殺現場跡の施設で式典が開かれ数百人が参列した。
米国では昨年以降黒人が白人の警官に相次いで死亡させられる事件がおこり人種問題があらためて議論されている。

AP通信の情報によれば、6人いる娘の1人イリアサ・シャバーズさんは式典で
自分ができる最大限のことを与えた人だったと話、黒人の地位向上に果たした功績についてその中で触れた。
現在、暗殺現場跡はマルコムX氏の記念センターとなっている。

Malcolm X_マルコムX

Sponsored Link


マルコムXはキング牧師が推進した非暴力路線を拒み闘争的な運動を主張していた。
39歳の時にニューヨークの舞踏場で演説しようとした際に、
直前にたもとを分かっていた黒人イスラム組織のネーション・オブ・イスラムのメンバーに暗殺された。

参照:
Twitter
共同通信