毎年5/1は世界で労働の日となっており、
各地でデモや労働組合の集会が行われる。
中でもドイツ・ベルリンで毎年行われるデモは強烈だ。

ベルリン・クロイツベルク地区では毎年左翼系グループによるデモが5月1日に行われる。
昔に比べれば良くなったとは言われるものの、多くの警官隊が毎年導入され、
街の銀行のATMが破壊されたり、駐車されている車に火をつけられないように十分セキュリティ処理が行われている。

今年2015年5月1日もデモが盛んだ。
恒例のデモやフェスティバル以外に今年はドイツの極右の政党NPDの集会が2回同じ日に行われた。
ネオナチ関係者の参加は100人以下であったが、反対デモ参加者約500人と現場に集まった。
特に大きな暴動などは起こらずに平和的に集会は終了した模様だ。

現地からの写真

極右_ネオナチ_左翼

極右_ネオナチ_左翼

極右_ネオナチ_左翼

極右_ネオナチ_左翼

Sponsored Link


極右_ネオナチ_左翼

極右_ネオナチ_左翼

ベルリンでネオナチの集会が行われるへの海外反応

右翼の顔と左翼の顔ってわかりやすく分かれているよねw

ベルリンも好きだよな。警官もこれを阻止するために警察官になったわけじゃないんじゃw

石が飛んでるくるから怖いんだよね。

ドイツ・ワイマールでもネオナチが暴れて複数名怪我したみたいだね。

まさに右翼と左翼の戦い!

参照:
BZ
Twitter