パリ・シャルリーエブド襲撃事件
現地時間1月8日木曜日にドイツのアンゲラ・メルケル首相は首都ベルリンにあるフランス大使館を訪れ
風刺週刊誌シャルリーエブド(Charlie Hebdo)へのテロで亡くなった方をしのび、弔問名簿に署名した。
AFPによれば「私たちの気持ちはフランス国民、特にこの非人間的な攻撃の犠牲者に向けられています。
ドイツとフランスは自由と民主主義の価値を一緒に守っていきます」と書いたとのことだ。

Merkel_メルケル

Sponsored Link


Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

Merkel_フランス大使館

参照:
AFP
Zeit