2014年12月4日

東京・品川区にある交番の窓ガラスを割ったとして、ロシア人の男が逮捕。

住居不定・無職のポポフ・アレクセイ容疑者(35)は4日昼すぎ、品川区内の交番に工具を投げ付けて窓ガラスを割った疑いが持たれ警視庁によ ると、ポポフ容疑者は逮捕された時、所持金が8円しかなく、「悪いことをすれば、ロシアに帰れるかもしれないと思った。交番があったので、とっさに工 具を投げ付けた」

と容疑を認め「悪いことをすれば、ロシアに帰れるかもしれないと思った」と供述。

ポポフ容疑者は都内の飲食店で働いたが、1週間ほど前に仕事を辞め、それからは羽田空港で寝泊まりしており「ロシアに帰りたい」と入国管理局に相談していたということです。

koban_break

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・可哀想、彼を本国に。。。

・お金がなくて帰れない事情というのもあるのね。

・極寒のロシアよりも羽田空港で寝泊まりしていた方が快適だったかも。。

・国外退去を自費で賄えない場合は強制送還の費用は日本が負担するからね。

・家族はいなかったのだろうか。

・問題なのは日本国民の税金がこれに使われること。

・少なくとも外国人は滞在する上で保証人をつける制度を設けることが大事だと思う。

・これは悲しいこと。本国で仕事がなく日本に来たと思われるが日本でちゃんとした所で仕事できるとは限らないからね。

・恐らくだけどロシアに送還された後パスポートを没収され送還費用の支払いを命じられると思うよ。

・違う形で救いの手を。

 

参照:

Facebook/Japnatoday