Don’t forget Mexico’: Man disrupts Malala Yousafzai’s Nobel Peace Prize ceremony

ノルウェーのオスロ(Oslo)で12月10日に行われたノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)授賞式で、マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さんら受賞者2人が上がった壇上に男が乱入し、メキシコ国旗を掲げるという騒動が発生。

男はマララさんに歩み寄り警備員に制止された。

子どもの権利活動家のマララさんは母国パキスタンで2012年にイスラム過激派による暗殺未遂にあった末に奇跡的に回復し、現在も過激派の標的となっていることから、今回の問題は特に深刻に受け止められている。ノルウェー警察は、警備態勢が不十分であったことを認め謝罪。

乱入した犯人の正体は?

警察によると、男は11月26日にノルウェーに入国し、亡命を申請していたメキシコ人とみられ授賞式には招待されていなかったが、記者らに紛れ込んで侵入。

武器は持っておらず。警察は乱入の動機を「メキシコの政情に対する懸念」と説明。

また地元メディアは、男がマララさんに対し「メキシコの学生たちのことを忘れないで」と英語で話しかけたと報じておりこれは、メキシコ南部で9月に学生43人が行方不明となった事件に言及したものではないとの見解をみせた。

NobelPeacePrize2014_1

NobelPeacePrize2014_3

Sponsored Link


NobelPeacePrize2014_4

NobelPeacePrize2014_5

海外の反応・世間の反応

・とりあえずマララや周辺の人達に怪我などがなくてよかった。

・例の学生の事件があったからね、少しでも助けを求めたく感情を抑えきれなかったのだろう。

・記者に扮して会場に紛れ込むってそんなに簡単なものなのか・・・

・君の主張や権利は当然もつべきものだけどマララを傷つけるようなことはしてはだめだよ。落ち着こう。

・私はこのメキシコ人の行動が良いか悪いか正直わからない。だけどちゃんと法律やマナーは守らないとね

・私もメキシコ人だし彼の主張も分かる。とにかく分かって欲しかった知って欲しかったんだと思う。

・この行動は当然社会的にはよろしくないだろうけど、今のメキシコの状況考えると一概に悪いと言えない気持ちもある。ただ助けてもらいたいという感情。

 

Facebook/YouTube