大規模リコール問題が拡大しているエアバッグ部品メーカーのタカタ。

そんな中トヨタ自動車は4日、エアバッグに不具合が見つかったとして

セダン「カローラ」やミニバン「ノア」「ヴォクシー」など19車種、計18 万5093台(2002年9月~2003年12月製造)

のリコール(無償修理・回収)を国土交通省に届け出。

中国の小型セダン「ヴィオス」(約5000 台)のリコールも明らかにし、これで国内外では計約19万台が対象車となる。

そもそもこの不具合は事故で強い衝撃を受けたときなどにエアバッグの膨張装置が破裂したり、出火したりする恐れがあるというものでありトヨタは今年6月 と11月にも、同様の恐れがあるとして国内でリコールを実施していた。

対象車両はこちらから確認ができます。

http://toyota.jp/recall/2014/1204.html

takata_airbag

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・アメリカでは大問題になっているからね。。。遂に他のメーカーまで飛び火か。

・タカタの株が。。。不謹慎だけどある意味買い時か。

・まぁメーカーとしは当然の対応だよね。隠さずに速やか対応するのが一番。

・遂に国内メーカーも遂にしびれを切らしたね。

・リコールの間、車乗れないよね?みんなどうするのかな?

・ここまで大事になると思いもしなかったなぁ。。。

・虫でも混入していたのかな?

 

参照:

Facebook/フォーラム