ドイツ連邦労働大臣アンドレア・ナーレス氏は、長時間の労働が人の心に及ぼす影響についての研究を根拠として、午後6時以降に仕事をすることを禁止する方向で、2016年までに法改正を進めることを示唆。

午後6時以降や週末に業務上のメールのチェックなどを行う人は、うつ病や何らかの心の病なかかる可能性が高くなるということで、午後6時以降は業務に関わるメールの閲覧自体を禁止する方針。

尚、フランスでは、1999年に週35時間労働が導入されたにも関わらず、メールのチェックで労働時間が長くなる人が多かったため、すでに時間外の業務に関わる電話やメールが禁止となっている。

germany

Sponsored Link


日本人・各国の反応

・まず日本人じゃ無理。定時に仕事あがると冷たい目。どうやっても無理だよ。

・まず物理的に終わらない仕事量。

・ドイツさん羨ましい。。。

・こりゃ移住だな。

・こういう所て欧州はすごいよね、きっぱりやる。しかもこれでドイツとか生産性が落ちるわけでもない。

・家族や友達との絆とか時間を大切にする考えが強い文化だからね。仕事よりもプライベート。

・自分も仕事ばかりの生活だからもっと自由な自分の時間が欲しい。。。

・ドイツ人に生まれたかった。

・これはドイツだから押し出せる政策じゃない?ダラダラ長時間働く日本と違うしね。

・まぁ、わざと残業して残業代がないと生活していけない人も日本には沢山いるわけで。。。

 

参照:

Facebook/Twitter