クロアチアで初の女性大統領が誕生した。
コリンダ・グラバール・キタロビッチ氏(Kolinda Grabar-Kitarovic )はクロアチアの大統領選に勝利した。
キタロビッチ氏はかつてクロアチア政府の外務大臣、NATOの事務総長の補佐として務めていた時期もあった。

決選投票前は全大統領のイヴォ・ジョシポビッチ氏(Ivo Josipovic)が優勢となっていたが、
結果はキタロビッチ氏が50.7%、ジョシポビッチ氏は49.3%を
獲得したとクロアチア首都のザグレブの選挙管理委員会は伝えている。
昨年12月28日の選挙では誰も過半数の票を獲得することができなかった。
決選投票では国民への興味はより一層高まったと見られている。

Kitarovic

Sponsored Link


キタロビッチ氏は1991年に同国の独立を作った保守党に属している。
今回の大統領選の勝利によって次回のクロアチア議会選挙での保守等のチャンスが上がったと言えるだろう。
今回の勝利は国民の安定しない経済状況への失望が関係しているとみられている。

クロアチアは2013年にEUに加入した。
失業率はほぼ20%で約6年以来景気後退が続いている。

参照:
Zeit