1月1日に天皇・皇后両陛下は皇居・宮殿で、三権の長などから新年のお祝いを受ける新年祝賀の儀に臨まれました。
ご夫妻の次女である佳子さまも、ティアラを着用しての初めて新年祝賀の儀に臨まれたことが伝えられています。
昨年12月に20歳の誕生日を迎えた佳子さまは今世界中で美しいと話題になっている。

両陛下は、初めに皇太子ご夫妻をはじめ皇族関係者へのごあいさつをされました。
その後に首相や閣僚、衆参両院議員、最高裁長官ら、会計検査院長ら認証官や知事などから、それぞれあいさつを受けられました。
衆参両院議員の祝賀の儀においては、両院議長が新年のお祝いの言葉を述べたことに対して、
陛下が「新しい年を共に祝うことを誠によろこばしく思っております。
年頭にあたって、国の発展と、国民の幸せを祈っております」と述べられたと伝えられています。

1月2日には皇居・宮殿にて新年一般参賀が行われる予定で、
両陛下や皇族方がベランダに立つことになっています。
午前10時10分、11時、11時50分、午後1時半、2時20分の5回を予定しているようです。

kako_佳子さま

Sponsored Link


両陛下と佳子さまも初のご参加の新年祝賀の儀への海外反応

Akemashite Omdetougozaimasu!!

Happy New Year!

きれいな方ですね。

参照:
産経
朝日