ギリシャからイタリアへ航海中のフェリー・ノルマン・アトランティック(Norman Atlantic)で、
ギリシャの島ケルキラ島の北部を横断中に火災が発生した。
約300人の乗客が乗っていた。そのうちの約150人はすでに救助されているが、
残りの約234名がまだ船内に取り残された状態だとメディアは伝えている。
乗客の主な国籍は、ギリシャ、トルコ、アルバニア、イタリア、オランダ、ベルギー、ドイツなどだとも報道されている。

Norman Atlantic

Sponsored Link


ノルマン・アトランティック(Norman Atlantic)はギリシャのイグメニツァ港からイタリアのアンコーナへの航海中で、
日曜日の現地時間午前3時ごろ車両甲板で火災が発生し、瞬く間に火の手が船内に広がった。
ギリシャのメディアによれば、火災によるパニックで海に飛び込んだ人もいると報じられている。

現在、高波と強風により救助は難航している状況だ。
現状では、具体的なけが人や行方不明者の数は明らかになっていない。
救助の船は今ノルマン・アトランティックのもとへ向かっている。
また、イタリア側も救助活動を行っている。現在ヘリコプターが現場へと向かっているとも伝えられている。

乗客の1人の話によれば、
救助ボートが足りていなく、救助人員も足りていない状況となっているだ。
他の乗客は「火の手は大きく、煙もかなり強い状態です。
船も傾いており、生存者のためのスペースは少なくなっています」と話す。
さらに、ギリシャのメデイアによれば、救助ボートは乗客が乗る前に下ろされていたようだ。

Norman Atlantic

地中海付近を航海中のフェリーで火災発生への海外反応

一刻も早く救助隊が着くことを祈ります。

今日はマレーシアの飛行機の件といい、なんか嫌な日だな。

船の事故も近年多いな。。。

 

参照:

FAZ
Bild