今日約100万人の人が今週起こったテロの被害者への追悼記念の行進を行う。
また、このうち約50カ国の首脳も参加する予定となっている。

France

Sponsored Link


追悼行進が行われる前にフランス大統領のオランド氏が各国首脳をエリゼ宮殿(Elysee-Palast)で出迎えた。
ドイツのメルケル首相も到着していることもすでに伝えられている。
ドイツからはメルケル首相以外に副首相のシグマール・ガブリエル氏、外務大臣のフランク・ヴァルターシュタインマイアー氏、
内務大臣のトーマス・デメジエール氏が参加する予定となっている。
ヨーロッパのトップ政治家やEU各国の党首も参加する予定。

Merkel_Hollande

他にはイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相(Benjamin Netanjahu)、
パレスチナのマフムード・アッバース議長(Mahmud Abbas)も参加する。
ロシア外務大臣セルゲイ・ラブロフ(Sergej Lawrow)は
ウクライナ大統領のペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroschenko)同様に行進に参加する。
フランス大統領が行進に参加するのは第二次世界大戦後ではミッテラン元首相以来となる。

この行進は約3時間続くとみられている。 この行進で参加者は今週起こったテロで亡くなった犠牲者への追悼を行うと同時に テロへ立ち向かうことを表明する。 すでに1月10日の土曜日には約70万人がフランス全土で犠牲者を追悼するためにデモを行った。 BBCはTwitterで「パリは今日世界の都市」とつぶやいている。

参照:

BBC
FAZ
Zeit