ドイツの反イスラム活動を行っている団体のPegidaは設立者の辞任以来、
他のメンバーも離脱するなど内部分裂がドイツメディアにも報道されているが、
フランクフルトでもPegidaから派生した団体が更なる反イスラムデモを予告している。

Pegidaはヨーロッパでのイスラム化に反対する愛国心あるヨーロッパ人の略だが、
フランクフルトの団体は単純に都市名を加えたFragidaという名前だ。
Fragidaは更なる反イスラムデモを予告しており、毎週月曜日に開催するつもりでいる。
今年残り48回ある月曜日に毎週フランクフルト中心のハウプトヴァッへ(Hauptwache)で集会を行う予定となっている。

Fragida

Sponsored Link


今週月曜日には約70から100人のデモ隊が集まり、反対デモ隊はそれに対して約4000人集まった。
また、中心部の観光地で有名なRömerbergには約12000人が平和的な集会を行うために集まった。

Fragidaが引き続き集会を続けるようであれば、
反対デモへの呼びかけももっと激しくなることが予想される。

参照:
FAZ