昨年11月にドイツのオッフェンバッハで少女2人を助けようとして、
亡くなったトゥーチェ・アルバイラクさんの訴訟が1月末に始まるようだ。
犯人の18歳の少年の行為がどの犯罪に当てはまるかはまだ明らかになっていない。

オッフェンバッハの検察は月曜日にトゥーチェさんの事件の公判が1月末に始まる事を発表した。
どの犯罪行為に当てはまるのかはこれからはっきりすることになる。
これまでの警察の捜査では地面に頭を打ち付けた事が死因として考えられている。

Tugce

Sponsored Link


参照:

FAZ